武井壮のツイートが刺激的過ぎてやる気が燃え上がる

独自の哲学と確固たる信念と、その実践。

最近彼のツイッター漁るのがたのしいです。ひとつひとつのメッセージがとても熱くて、刺激的。活力をもらえます。

 

武井壮ツイートまとめ

オレの脚が速いのを才能だっつうならオレと同じだけ走ってみろ。。おんなじくらいで走れっから。。今日から毎晩ダッシュかましてみりゃいい。。でもやらねえだろ?
だからオレのが速えのさ。。

 

 

 

なんでそんなに頑張れるか?って簡単。。頑張ってなかった頃より全然楽しいのさ。。何もかも。。

 

ほんとにそう。口だけいっちょまえでも、どんなに耳障りのいいことを言っていたとしても、それを実践できてなければ全く意味が無い。行動が伴って、初めて言葉に真実味が出てくる。

才能なんて言葉で片付けられねえ思いで勝負すんだろ

これもほんとにそう。自分より圧倒的に上の存在に出会った時、それを才能って言ってしまえばそれまでだけど、それは相手にも自分にも失礼。一見才能にみえるものを支える相手の努力と、自分もやり方次第でそこに到達できるという可能性を軽視することになる。

勉強や練習がつまんないなんてのは、それで身に付ける物事が世の中のどんな事に役立って、どれだけ自分の人生を楽しく豊かなものにしてくれるのかを知らずにただやらされる事が多いから。。学ばせるにはそれを自分の武器にできる世界をまず教えてあげないと。。

これもほんとに核心をついたいい言葉。「なぜ勉強する必要があるのか」という問いかけを考えるきっかけになる。当然ひとことで言い表せるような簡単なことではないけど、このあたりから考えていくと何かに辿り着けそうな気がする。

 

最後の言葉にしびれる。

なんでそんなに頑張れるか?って簡単。。頑張ってなかった頃より全然楽しいのさ。。何もかも。。

紙に書いて机のところに貼っておきたいレベルで名言だと思う。これは心の底から同意します。

勉強でもスポーツでも仕事でも、本気で取り組めば絶対なにかしら楽しさが見えてくる。逆に惰性でやったり、やらされてるような段階だと、絶対楽しくない。

昨日高3生と話をしたけど、「没頭」するというのは幸せなことだと思う。楽しいですよね、なにもかも。

関連記事

ページ上部へ戻る